その疲れの原因、若年性更年期障害かも?/見逃すとつらい初期症状

2015-06-25_225210.jpg
「いつもイライラしてるね」「なんか疲れてる?」など言われた経験はありませんか?
神経過敏・だるさ・吐き気・動悸・眠れないなどの症状はありませんか?

その症状、もしかしたら若年性更年期障害かも知れません。

更年期障害は閉経前後50歳代におこるものなのですが、突然の環境の変化や女性の場合、妊娠などの影響でホルモンバランスが崩れてしまい早ければ20歳代でも更年期障害はおこることがあります
妊娠中は大量に女性ホルモンが分泌されているようですが、出産を終えると一気に女性ホルモンが低下してしまい髪の毛が抜けたり、骨が脆くなったり、気力が湧かなくなったりすることがあるそうです。

若年性更年期障害には女性ホルモンに近い働きをするイソフラボンがおすすめです。
このサイトでは、若年性更年期に悩んでいる方には【薬院オーガニックのプロポリス】をおすすめしています。プロポリスの持つ抗菌作用と豊富なビタミン・イソフラボンがたっぷり含まれているので若年性更年期障害改善に良い効果があります。
※公式サイトをチェック


レーザー脱毛の方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。